自動二輪教習 第一段階 2限目3限目

前回よりもさらなる緊張を持ちつつ、会社帰りに教習所へ。

今回はもう手順はわかっている。
誰よりも早く二輪控室に入り、両ひざ、両ひじ、胸部プロテクターをつけ
ゼッケンもつける。
30分前になるとぞくぞくと教習生がやってくる。
みんな準備が早いです。
リーマンの人はYシャツにスーツのズボンのまま。余裕を感じる。

今日は2時間続けて予約とりました。

最初の時間はマンツーマンでした。
クラッチの理解をしているか確認されて、あいまいに答えていると
再度クラッチの仕組みを説明してくれて、まずは小型で練習しましょう!と。
内心ホッとしながらも小型にまたがり、まずローでの発進、停止の練習です。
数メートル走って止まる。
簡単なようで、初心者はこれができないんです。
歩いたほうが早いよ・・・
右手の前輪ブレーキをギュっとしていまうのは自転車、原付のクセで
そのたびにバランスを失い、初のガッチャーン!コケ。
前回、支えようして太もも負傷したから今日はなんとなく無意識に逃げた。
けど左手を強打。でも皮のグローブがあったからまだよかった。

倒したのでここで引きおこしなんですが、小型でもできない。
手で持ち上げないで!っていっても、できない。
そのうちガソリンがどんどんあふれだしすごいことになり
教官が「ガソリンもれがすごいからやめましょう・・・次、中型でやります」と。

えー!まだ中型乗りたくないのに・・と思いつつ中型バイクにまたがると
あれ?なんかこっちのほうが乗ると安定する??

でっかいけど、なんとなく安心感があるのです。不思議。
そしていよいよ教習所コースデビュー。もちろんローでトロトロトロトロ・・・・・
時速10キロくらいだけど、私走ってる!!!とちょっと嬉しくなる。

2周くらいまわったら、時間がきて終了!
教官からは「操作は慣れです!何度も乗ったらスムーズになるから」という
言葉をいただき、終了。

次の時間は22歳のかわいい女の子と一緒。彼女は今日1段階のみきわめ。
手間のかかる私のために彼女は一人で練習に入ります。
(もちろん途中からちゃんと教官が指導しています)

次の教官、なんだかおもしろい。イメージは俳優の八嶋 智人みたいな感じで
トークが軽快。
最初に言われたのが「さっき、ずいぶん発進と停止に苦労してたみたいだけど?」と。
はい・・そうです。まだいろんな操作を一度にできないのですよ・・
だから練習させてくださいよ・・・

教官「じゃ、まず8の字行きます!」
私「えっ!」
といきなり8の字行きましたがそら無理ですよ。途中で押してもらってターンしましたよ・・

その後はコースまわって停止場所、ウインカーだすなどの説明。
あとは直線でセカンド、サードにして30キロ出す練習。
そして噂に聞くウインカー!
クラッチ握ってると左手の親指が届かないので右手で操作しようとしたら
教官に「なんで右手使うの!!!右手離すな~!!」と怒られ・・
お約束のクラクションも間違って鳴らしながらひたすらぐるぐるぐるぐる走ります。

まだギア切り替えでガゴンガゴンしているし、若干ウィリーっぽくなったり、エンストしたり
と、ひどい状態ですが、はじめてちょっと楽しい!と思えてきた。
あっという間に時間終了。

教官からも「最初よりだいぶよくなった。まだクラッチとアクセルの使い方がぎこちないけどね。
あと、エンストしてエンジンかけるとき、いちいちキーまわさなくていいから・・」
!!キーまわさなくていいのですね・・・冷静に考えればそうですね・・すいません。

右手には痣ができ、体もあちこち痛いけど、今日の帰り道の足取りは前より軽かった。

<2限目3限目の感想>

半クラってむずかしい。
あと何速になっているかわからんの怖い。
スピードだすと怖い。
でも走れると楽しい。
バイクに乗るときの服装は重要。免許とっても、体を守る服装で乗ろう。
プロテクター付の服なんかいらんやろう、と思ってたけど、服装が守ってくれると実感。




自動二輪教習 第一段階 1限目

朝から、なんか緊張で落ち着かない。
うれしいような怖いような。

会社を定時で飛び出し、教習開始の45分前に到着。
なぜこんなに早くきたのかというと、着替え場所を探すため。
ここの学校は更衣室がないので、二輪教習に必要な長袖、長ズボンなどの
着替えは、学校のトイレでするしかないみたい。
おまけに二輪待合室のロッカーには鍵もなく、みんなで共同。
貴重品は身に着けてください、と。

あの・・こけたりするのにみんな財布とか、お尻にいれるの??
コースに落としたらどうするの??私、無理です・・
まぁ盗られないことを信じるしかない。

あとヘルメットを借りるには、インナーキャップ?を購入しないと
いけないので受付で購入。グローブは持参。

二輪控室には10分前までに入るよう説明を受け、15分前に入ると
まわりのみなさん(男性6名くらい)は皆さん、もくもくとプロテクター等をつけ準備中。

やっぱり、全員若い男性か・・とちょっとへこむ。

私は初日なので、プロテクター等のつけ方の説明があると思って待っていた。
5分前に名前をよばれ今日の担当教官にプロテクター(ひじ、ひざ、胸部)と
ゼッケンつけてね~と言われたが、つけ方など教えてくれず。
とりあえず、ひじ用、ひざ用のところにいって、つけたけど、なんかおかしい。
なんと!ひじとひざと逆につけていた!!似てるからわからない!私だけ?

焦っていると鐘がなり、「はーい行きますよ」って!
まだ準備できてません!!!

そしたら、一緒にやるっぽかった男性2名ひきつれて、先にいっちゃった。
ここで、私、焦り&怒りモード。

教官戻ってきて「焦らなくていいですからね」というが、ここでやっと
私のプロテクターのつけ方の間違い説明を始めた。

やり方間違ってるからつける時間がかかるんですね・・でも先に言ってよね・・

文句いおうかと思ったけど、そんなことしていると貴重な教習時間が
なくなるので、我慢。

一番端っこのバイクのところにつれていかれて、サイドスタンドをはずし
引き回しから。

ここで悲劇が・・・サイドスタンドをはずした途端、バランスが悪くなった
バイクが倒れてきて、必死に支えようとした私の太ももを
バイクのどっかの部分がざっくりえぐるように倒れてきた。
左ふとももに激痛!!
いちおう「大丈夫?」とは言われたけど、そのあとは淡々と
次々と説明に入る。
めっちゃ太もも痛いし、たぶん出血も若干してるみたいだけど
我慢して説明を聞く。

この日は台風接近で強風で教官の言葉が聞こえづらく、なおかつ
夜だから暗くって、足元のスタンドやらスイッチが見えにくい!

私、コンタクトなしの視力1.5だけど、これ、わからないよ。見えない。
夜の教習は失敗だったかな。
でも夜に通わないと、時間かかるし、バイク操作を忘れちゃうし。

センタースタンドをたてる、はずす、これがもう重くてできない。
引きおこし、これもダメ。全部教官の補助がないとできない。
あれ?コツとか教えてくれないの?
全くできなくてもすぐに手伝ってくれて、次々に説明は続く。

クラッチやブレーキ、アクセルなどの操作を教わってたら雨ふってきた。
あと少しなので、そのまま続行。
左足のクラッチ操作の加減がわからず、ニュートラルに戻そうとしてセカンドにいれてばかり。
あと、クラッチとアクセルの操作がやっぱりわからない。
教習本も真面目に読んで頭に入れてきたのにパニック。

そういえば適正検査で私、判断力と適応力のランクがDでした。注意、ってことです。
車の運転でも車庫入れで毎回パニックになります。
教習所ではバッチリでした。車種や駐車場が変わると、ダメ。適応力なし・・
でも、検査によると心と体は健康だそうで。
だって美味しくお酒飲んでご飯食べてるし。

最近お休みしているフラだって、昔はガンガンに踊ってすごい筋肉あったけど
今は体脂肪率がすごくて、体は不健康かもしれない。

終わって教官に言われたこと。
1段階の間はなるべく間をあけずにくること。
バイクの運転は簡単ではないから一度にできなくなくてもいいこと。
小型だから、ATだから取りやすい、ってことはない。
中型のほうが運転しやすい。だから中型でがんばれ、と。
(ま、実際運転始めたら小型行けって言われるかも・・・)

私は怒りやら悲しみやら太ももの痛みやらで複雑な表情してたと思う。
教官にお礼を言ってボーゼンと部屋を後にしたのでした。
私にできるの?失敗?やっちまったなぁ?なのかもシレナイ・・・

外に出たら豪雨!
次の時間の教習、この雨の中でやるのか、、
最初は勉強で見学しようかとも思ったけど、疲れもあり足取り重く、とぼとぼと家路についたのでした。

太ももは裂傷&腫れがひどいけど、見えないとこなのでまぁいっか。
帰りに大きいサイズのたっかい絆創膏買ったよ。いらない出費。


<1限目の感想>

バイクやはりでっかくて重たかった。
免許は失敗かと思った。
バイク運転できる人はみんな頭がいいのでは?
両手、両足違う操作を瞬時に判断してできる人って賢いとマジで思いました。


なんで自動二輪免許??

特にモータースポーツに興味を持たなかった私が、ひょんなことから
自動二輪の免許を取ることになりました。
車はAT限定。クラッチとか全くわからない。
197×年代生まれ。155cm。中型にまたがると両足は届かない。
普段の運動ほとんどなし。ダンスのフラのみ。
こんなんでとれるのか??

車の免許は合宿で取ったけど、その時記録がわりにつけていたブログが
まわりにも好評?というか自分で後から読んでおもしろかったので
記録をつけることにしました。

まわりからは
「今さら感ハンパないわ~」
「どうしたん??」
「ぷっ」
「バイクおしにいくんですか~(笑)」
と、さんざんな反応ですが。

お金はらったし、後は前へ進むのみ!!がんばろう・・・